こんなトラブル治せます!

弊社が治してきたトラブルを画像付きで解説!!

弊社サービスをご利用いただいた方の事例をご紹介します。

ペンキの剥がれ、汚れ

外壁塗装(ペンキ)の剥がれ、

劣化して汚れたペンキもきれいに

補修いたします。

お客様のお好きなカラーをサンプル帳から

選んでいただき目立たないところに、試験施工(試しに塗ってみて)し最終的に色を決めます。

施工後

外壁の塗装、廊下の塗装は

見た時に第一印象として入ってきます。

 

施工後はお客様に一番綺麗に変化した

と喜んでいただける部分でもあります。

タイルの浮き、割れ

 

外壁タイルの浮き割れはそのまま放置しておくと

そのまま壁から剥がれ落ちて落下してきます。

本当に最悪の場合は人や車に直撃し大事故につながります。

特にマンションのタイル補修(浮き割れ)は建物の高さがある分だけ落下した時の危険度が大きく増します。

施工中

 

新品のタイルに張り替えをします。

一枚一枚張り付けていきますので

手間は掛かりますが落下したら大変ですので

 

貼り付け材を適度に付け丁寧に張り付けていきます。

クリックするとお問合せフォームに移動します

防水劣化による雨漏り

屋上やベランダなどに施工されている防水処理。

これが劣化していると、部屋の中に水が入ってきたりコンクリートの中に水が入り鉄筋をさび付かせます。

放置しておくと部屋の電気設備に水

付き漏電したり、壁紙に水が付着すること

によりカビを発生させたりします。

施工後

屋上はあまり歩くことはありませんが何より面積が広いので、防水処理は大切です。

またバルコニーも一緒に施工されるお客様も

多いですが、バルコニーの施工は

住人さんに喜んでいただけるので、弊社としてもやりがいがあります。

シーリング劣化による雨漏り

こちらもあまり重要視されないシーリング工事。

シーリングも防水と同様に目立たない部分ですが放置して劣化してくると、

建物の中に水が浸入していき

コンクリートの中の鉄筋などを錆びつかせます。

 

そうなってしまうと鉄筋の錆による膨張により壁を内側から押してしまい壁や天井が剥がれたり、取れたりしてしまいます。

施工後

施工後。一見目立たない部分ではありますが建物全体の目地全てのシールを打ちかえると

 

建物全体の美観性も向上いたします。

 

シーリングは外壁だけではなく、

窓のサッシや廊下にも使わています。新品にリフレッシュすることで、見栄えもよくなります。

クリックするとお問合せフォームに移動します

お役立ち情報

修繕工事の内容って?

お客様の建物で実際に行われる施工内容や工事の必要性を解説します!

詳しくは画像または詳細はこちらをクリック!

大規模修繕会社選びのポイント!

これを見ればよい会社が選べる!?

修繕工事業者を選ぶ上での注意点や押さえておきたいポイントを解説します!